涙と湿気とカメラと戦う現場メイク2020

f:id:oko4156me:20201224092017j:image

 

現場が消えすぎて、現場への行き方を忘れました。そんな時に自分の現場メイクブログが想像以上に役立ったので今年も書きたいと思います。

今年の現場は計4回。そのうち1回は2019年に計上しているので、3回分のメイクを公開します。

 

 

自担との久々の再会はマスク必須~?!感動の涙にも興奮の鼻息にも負けるもんか!!舞台メイク

私の現場復帰は自担グループの主演舞台「虎者 NINJAPAN」でした。

本当なら、10月にもなればツアーもサマパラも行っていたはずで、紫のアイシャドウも、オレンジのアイシャドウも、ラメライナーもギラギラシャドウも全部使っていたはずなのに、どれも使えていない。

 

じゃあ全部使えばいいんじゃない?

というわけで使いたいコスメ全部盛りが決定しました。

 

まずはベースメイク。

◎下地

PAUL & JOE モイスチュアライジング ファンデーション プライマー

f:id:oko4156me:20201219190829j:image

マスクでほとんど顔は隠れるので、ほぼこれだけです。

ただ、絶対に崩したくなかったので、KOSEのメイクキープミストで濡らした使い捨てスポンジで叩き込みました。これは5しゃいちゃんのYouTubeで学んだ。仕上げにミスト吹きかけるの忘れたけど、あんまりマスクが汚れてなかったので、効果があったはず。

 

◎パウダー

キャンメイク マシュマロフィニッシュパウダー

f:id:oko4156me:20201219190856j:image

マスクにファンデを付けたくないし、ほとんど顔が見えないので、ファンデは省略した分、パウダーにカバー力のあるものを選びました。毎日メイクはいつもこれなので、信頼は抜群です。

 

次は本命アイメイク。

キャンメイクのアイシャドウベースを先に塗ります。

◎アイシャドウ

ETUDE プレイカラー アイシャドウ ラベンダーランド

f:id:oko4156me:20201219190913j:image

自担グループカラーの紫を使いたかったため、アイシャドウ選抜総選挙はラベンダーランドが勝ちました。しかも、このアイシャドウパレットなら、左から3,4番目のアプリコット系の色味でオレンジっぽさも加えられる。オレンジ&紫、意外と馴染んで可愛いからおすすめです。

全体を左から4番目のマットのアプリコットを上下全体に広げて、3番目のラメ入りアアプリコットで二重幅に影をつける。最後に右から4番目のカラーを上下の目尻に重ねました。

 

ADDICTION ザ アイシャドウ Mariage

f:id:oko4156me:20201219190928j:image

やっぱり現場メイクはこれ。久々の現場にソワソワしていたけれど、上まぶたにマリアージュさえ乗せればシャキッとする。川島如恵留のバディが七五三掛龍也なら私のバディはマリアージュ

 

ADDICTION ザ アイシャドウ Cry Baby

f:id:oko4156me:20201219190943j:image

ピンクも大好きだし、せっかくお友達にもらってどうしても使いたいから目頭にハイライト的にちょっと付けました。

 

 ブラックルージュ パールブリーアイグリッター G04(画像右)

f:id:oko4156me:20201219191002j:image

これだけラメを乗せてもまだ乗せます。ラメ狂なので。

涙袋の目頭~黒目下に乗せました。涙袋で楽しい気持ちが表現出来る。

 

キャンメイク クイックラッシュカーラー ロングマスカラ 01 ブラック

f:id:oko4156me:20201220145911j:image

久々の自担との再会に感極まって泣くことが確定していたので、ガチガチのウォータープルーフにしました。

実際ちょっと泣いたけれど、私の直毛まつ毛も若干カールが残っていたので、君を選んでよかった。

 

アイラインは引いたかな……涙で落とす前提だったので、インラインは引かずに目じりにラブライナーの限定のパープルラメだと思う。

 

◎アイブロウ

 眉毛は普段とほぼ変わらないのですが、現場の約1週間前に地元の眉毛サロンで整えてもらった無敵眉毛がポイントです。あとは、アイシャドウに使ったマット系のアプリコットカラーを乗せます。

 

ハイライトはキャンメイクのクリームでやチークは安定のセザンヌのラベンダー。リップはマスクに付くので塗りませんでした。

 

とにかく崩さない、落ちても汚くならないことを重視してメイクをしました。予想通り泣いたし、鼻息も荒かったけれど、満足できる崩れ具合だったかなと思います。ただ、目薬でラメライナーが落ちていたので、目薬対策を考えていきたいです。

 

それから、やっぱり好きなコスメを使って大好きな人に会いに行くのっていいいなと思いました。

 

続いては

いきなり?!推しとのオンライン接触が決定!好印象を残すオンライン映えメイクって何??

2020年、家に引きこもっていたら推しができました。その推しとのオンライン接触の時の話です。オンライン接触の数日前にお試しサイトができていて、カメラ写りのチェックや時間配分が確認できたので、そこで試行錯誤したメイクを載せたいと思います。

 

まずはベースメイク

◎下地

PAUL & JOE モイスチュアライジング ファンデーション プライマー

毛穴も見えるようなBlu-ray画質ではなかったので、ファンデをなくして下地をしっかり塗りました。

 

◎コンシーラー

ザ セム カバーパーフェクション チップコンシーラー

f:id:oko4156me:20201220145931j:image

ETUDE ビッグカバーフィットコンシーラー ニュートラルミント

f:id:oko4156me:20201220145938j:image

ファンデがない分、ニキビ跡はザセム、小鼻の赤みはETUDEでカバーしました。

ETUDE、大きなニキビは隠しきれないけれど、赤みは自然にカバーしてくれます。乾燥もしてこないので、割と好き。

 

◎パウダー

キャンメイク マシュマロフィニッシュパウダー

マジであんたは最高や!

 

◎アイシャドウ

CLIO クリオ プロアイパレット 01 シンプリ―ピンク

f:id:oko4156me:20201219191203j:image

カメラ越しだと顔が青白く見えると聞いたので、オレンジメイクにしたら、我が家のカメラでは土人形みたく写ったので、ピンクで血色を出すことにしました。

左下をベースに、右上を上まぶた半分と下まぶた全体に。下段右から2番目を目頭と目尻に軽く乗せて陰にしました。

アイラインは右下でぼかします。

あまり暗くならないように、明るめのカラーをふわっと乗せました。

 

ADDICTION ザ アイシャドウ クライベイビー

アイシャドウの境目をぼかすように、乗せると、アイメイクが華やかになって、気分が上がります。なお、カメラでは一切伝わりません。

 

ADDICTION ザ アイシャドウ マリアージュ

バディなので。

 

◎アイライン

ラブライナーのブラウンです。

二重幅が狭くて、全部にラインを引くと余計に狭く見えるので目尻だけ。

 

◎アイブロウ

は舞台メイクとほぼ一緒です。その日使ったアイシャドウのマットカラーを混ぜる。

 

◎チーク

キャンメイク リップ&チーク ジェル 01 ストロベリームース

f:id:oko4156me:20201219191249j:image

オンライン映えには血色感が大事だとADDICTIONのインスタライブから学びました。普段はこのチークをあまり使わないのですが、血色と言えば赤でしょということで選抜されました。カメラ越しに見ると、自然な血色になってよかったです。接触の少し前に、お試しサイトで確認しながら付けました。

 

◎リップ

 B IDOL つやぷるリップ 01 ずるいPINK(まだムック本のを使っています)

f:id:oko4156me:20201220145955j:image

最初だし、オンラインだし明るく可愛い色がいいかな、ということでこれ。久々に使ったけれど、赤ピンクは女子心をときめかせてくれるので、また積極的に使っていきたいです。ストックもあるし。

 

◎ハイライト

B IDOL THE アイパレ  強がりのピンクグレージュ

f:id:oko4156me:20201219191330j:image

の左下。今回はハイライトとして使ったけれど、このアイシャドウパレット全部が好きです。二色だけできちんとメイクした感が出るし、ラメもギラギラしながら上品。これをメインにした現場メイクもしたい。

 

環境(カメラ)によっても、自分の顔によっても映えるメイクって違うんだと改めて感じた現場でした。似合うことに執着しなくてもいいけれど、今後は似合うメイクを研究するのもいいなと思っています。

それから、カメラに映る自分の顔を見られたから、客観的にメイクができたし、緊張しても口角を上げ続けられたのはよかった。でも、たかが10秒とはいえ、汗だくでほとんどメイクしていないような推しの隣に同じサイズで私の顔を写さないでほしい。 

 

あれれ?気付いたらチケットが増えてる??俳優の推しに初めまして!ガチ恋を卒業したい舞台メイク

虎者で生の現場納めをしたつもりでした。でも気付いたら舞台のチケットが手元にありました。

今まで自担には可愛く見られたい意識が強くて、ガチ恋オタクっぽいメイクが多かったのですが、そろそろ卒業したいと思い、今回の推しの現場はカジュアル系を意識しました。

 

ベースメイクは現場復帰の舞台と一緒なので省略。

 

◎アイシャドウ

ETUDE  プレイカラーアイズ ミニ キットカット オリジナル

f:id:oko4156me:20201219191348j:image

ZEESEA 大英博物館 エジプトシリーズ アイシャドウパレット 04 魅惑のヘビ 

f:id:oko4156me:20201219191409j:image

ZEESEAの黄色と大粒のオレンジラメがめちゃめちゃ可愛いんですよ。(この画像だと何故か暗いけれど、1番上の段の右側と2段目の右から2つ目)

キットカットのベージュをベースにして、ZEESEAの1段目の右側2色を混ぜて好みのオレンジを作って、目尻に。黄色が強めだと、顔色が悪くなる気がしたので、赤みを強めにしています。

涙袋は2段目左から2番目の大粒オレンジをガッツリ指で塗る。これがまじでちょ~かわいい。

 

B IDOLウィンクティンクシャドウ

f:id:oko4156me:20201219191512j:image

推しとの初逢瀬に選ばれたラメはB IDOLのクリスマスコフレでした。

マリアージュは大好きだけれど、今回のオレンジメイクとの相性を考えてこれに。

とにかく密着度が凄い。いつもなら、現場に着いてメイク直しでラメを足して、幕間にもラメを足すのに、この日は1度もラメを足さなかった。推しの表情を見逃すまいと双眼鏡に目を押し当てても全く消えなかった。推しの役みたいな強さ。

 

MAJOLICA MAJORCA シャドーカスタマイズ ゴージャス姉妹

f:id:oko4156me:20201219191522j:image

今回は下瞼にポイントを置いたメイクにしたんですが、その分眉毛と目の距離が遠くなったように見えたので、ベースカラーの境目にふわっと乗せました。

 

◎チーク

MAJOLICA MAJORCA クリーム・デ・チーク OR313 カスタードクリーム

おてもやんになりにくいクリームチーク。倒すと悲惨なことになるけれど、自然な血色になるので大好き。他の色も欲しい。

 

◎アイライナー

ラブライナー リキッド ダークブラウン

f:id:oko4156me:20201220154646j:image

キャンメイク クリーミータッチライナー

f:id:oko4156me:20201220154657j:image

この2本は書きやすいのに崩れない。

アイラインの長さが迷走中。

あと、ケイト ダブルライン エキスパート涙袋の陰。

 

◎マスカラ

この日はまつ毛の調子が悪かったけれど

ヒロインメイク ロング&カールマスカラ アドバンストフィルム 02、マイクロマスカラ アドバンストフィルム 02

f:id:oko4156me:20201220153826j:image

 

◎ハイライト

B IDOL THE アイパレ 本命のブラウン

f:id:oko4156me:20201219191546j:image

あと珍しくノーズシャドーを入れた。KATEのアイブロウです。

 

オレンジメイク、超可愛かったし、肌の調子も良くて満足!……だったんですが、ここ数年ガチ恋街道を爆走してきたため、メイクでガチ恋を卒業しても服装にガチ恋の残り香があったのが反省点です。

来年は推しの現場にも行きながらガチ恋濃度を薄めていきたいです。でも、ピンク♡キラキラ♡みたいなメイクも好きなのでバランスですね。

 

以上、私の現場メイク2020でした。

例年と比べて現場が圧倒的に少なくて、日の目を見ていないコスメも沢山あるので不完全燃焼に違いはないんですが、人の目に触れない分、色んなメイクにチャレンジできたし、久々に会う分もっと可愛くなりたい!と思えたのでデメリットだけではなかったかなと思います。もちろんこんな1年やり直せるならやり直しますが。

 

来年の現場メイクは今年使えなかったコスメも使いつつ、大人っぽさも意識出来たらいいなと思います。

 

それから、これを書いていたらベスコスを書きたくなったので次の記事でやります(たぶん)。